Home > 日記 >

  • Posted by: rio
  • 2019年3月23日 11:20 PM
  • 日記
IMG_5788.jpg IMG_5789.jpg IMG_5791.jpg IMG_5803.jpg

世界フィギュアスケート選手権、男子フリーに行ってきました。

結果はジャンプを全てパーフェクトに飛んだネイサン・チェンの優勝。
羽生君は残念ながら準優勝。でも転倒はなく、300点越えで素晴らしい演技でした。

ネイサンと羽生君は続きの羽生君22番目、ネイサン23番目
の演技でした。

羽生君の演技大きな失敗もなく終えて、感動とホッとしながらネイサンの演技を観ていたのです。
ネイサンのジャンプは素晴らしい出来なのですが、何か物足りない?何?何と考えていて思ったのが、ネイサンのジャンプはジャンプを跳ぶ為のジャンプであり、羽生君のジャンプは、演技をする中での表現としてのジャンプなんだと気が付いたのです。

細かな手の動き。身体の表現。くにゃくにゃ色気を振りまく表現ではなく、凛とした中にでの色気。
語ったらきりが無いですね。

「リオさんは羽生君贔屓だから」と言われそうですが、僕は盲目的な羽生君贔屓ではないと思っています。
フィギュアスケートが好きなのかな。綺麗でカッコよくて・・(^ ^)
たまたまそれに1番近いというか、そのまんまなのが羽生君なのです。

是非そう言った目でスケートを観てみて下さいね。

今回も新たなスターが出て来ました。3位のビンセント・ジョー。今18歳なのかな?ジャンプ系の選手ですが、先の楽しみな選手です^ – ^


  • Newer:
  • Older:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.rio-net.com/archives/5586/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
from りおの気まぐれノート

Home > 日記 >

Search
Feeds
Meta

  

  

  

  MySpace Japan


   りおねっと↓携帯サイト
  

Return to page top