Home > 日記 >

  • Posted by: rio
  • 2018年7月3日 10:09 PM
  • 日記
IMG_2738.jpg

山崎賢人主演「羊と鋼の森」を観てきた。
若き調律師の成長して行く姿は、よく描かれていたように思いました。が、僕が期待していたのは、調律によって、音の響きがどのように変わるか、それを映画として、一般の方にどのように伝えるのだろうか?と言うところでした。
が、残念ながらそこは、上手く表現出来ていなかったように思いました。しょうがないと言えばしょうがないのかな。主人公が思い描く空想の音を表現するなんて・・・。

全体的に、まったり、ほんわかした映画でした。


  • Newer:
  • Older:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.rio-net.com/archives/5053/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
from りおの気まぐれノート

Home > 日記 >

Search
Feeds
Meta

  

  

  

  MySpace Japan


   りおねっと↓携帯サイト
  

Return to page top